能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

八ヶ川ダム

 今日は門前町と穴水町にまたがる巨大なダム“八ヶ川ダム”の紹介です。

a0017012_16454981.jpg
 その昔、八ヶ郷といわれる“仁岸郷”“阿岸郷”“櫛比庄”“本郷”“浦上庄”“七浦庄”“西保庄”“二ヶ庄”の中心を流れる川として命名された八ヶ川は、暴れ川として人々に恐れられてきた反面、生活に密着した水源として親しまれてきました。

 幽寂さを秘めた渓谷に、時代の要請と流域の人々の安泰に寄与する為に、多くの人々の協和の精神の下、県営ダムがここに建設されるに至ったと石碑には記してあります。

 まぁ、ダムの云われなんて知らない人にはどうでもいい話なんですが、紹介したいのはやはりその景観の素晴らしさです。ダムはそもそも川の上流、つまり山奥に建設されているものですから手付かずの自然がすぐそばにあるのは当然です。

 で、山奥のダムまで行って紅葉を眺めるのも確かにいいんですが、ちょっと視点を変えてダムをじっくり眺めてみるとこれがなかなかいいもんで、壮大な自然の中の巨大な建造物という構図がなにか哲学を感じさせるものがあります。ダムそのものの造形美、機能美であったり、人工の湖の煌めきだったり。

 a0017012_16484331.jpg
 ダムの放水側から下を眺めるのもなかなか面白いですよ。見ての通りボ~っと眺めてるとなんだか吸い込まれそうになってきます。このまま飛び込めばウォータースライダーみたいにスーッと滑って楽しいんじゃないかという妄想まで浮かんできます。危ないですね、私って( ;´・ω・`)


 それにしても、ダムって造る前や作ってる最中は話題になるのに完成してからは静かなもんだと思いません?

 観光でダムに行く、そんなのもアリかななんて思いますが、皆さんはいかがでしょう?
[PR]
by noto-tourism | 2004-10-26 17:09 | 能登の観光情報(門前町)