能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism
a0017012_12591664.jpg


柳田植物公園にて、宇出津吹奏楽研究会による“ランチタイムコンサート”が昼12時より行われました。

今日は天気もよく連休ということもあってか、親子連れのお客さんがほとんど。ちょうどお昼ということもあって、皆さん自慢のお弁当を広げながら曲に聞き入っていらっしゃいました。

曲目は時代劇メドレーやマツケンサンバ、CMでおなじみのLOVE、ドラえもんの歌などで、30分とコンサートとしてはちょっと短い演奏でしたが、なじみのある曲ばかりでお客さんも喜んでいらっしゃったようです。



ところで柳田植物公園にはビックリするくらい広大な芝生広場があるんですが、小さなお子さんを連れた方でも安心して遊ばせてあげられると評判で、週末には多くのお客さんでにぎわいます。

また最近では、芝生広場にステージも完成し、今回のようなコンサートを開きたい方にとっても、素晴らしい施設となっています。
[PR]
# by noto-tourism | 2005-05-01 13:04 | 能登の旬な情報

つづき



“ドラえもん”の曲ですね。
今日は親子連れが多かったので、お子さんたちは大喜びでした。
[PR]
# by noto-tourism | 2005-05-01 12:42 | 能登のモブログ

つづき



CMでもおなじみの“LOVE”ですね。
同じくノイズがひどいです・・・。
[PR]
# by noto-tourism | 2005-05-01 12:41 | 能登のモブログ

ランチタイムコンサート


柳田植物公園にて

暴れん坊将軍?ノイズがひどいですが・・・。
[PR]
# by noto-tourism | 2005-05-01 12:40 | 能登のモブログ
今日、昼12時より、柳田植物公園にて宇出津吹奏楽研究会による“ランチタイムコンサート”が開催されます。

お近くの方はぜひどうぞ!
[PR]
# by noto-tourism | 2005-05-01 09:12 | 能登の旬な情報
a0017012_20541745.jpg


穴水町旭ヶ丘には“四季の丘”や“穴水まいもん体験農場”といった体験型施設があるのですが、そこに29日“ふれあい牧場”という動物たちと触れ合うことができる施設が誕生しました。

詳しくはコチラ
[PR]
# by noto-tourism | 2005-04-30 20:57 | 能登の観光情報(穴水町)

真脇ポーレポーレ

 早いもので明日は、5月1日のとツーリズムのサイトができてもう1年になります。去年の記事第1号はのとツーリズムの紹介と藤波台運動公園の鮮やかなキリシマツツジの映像がのせてあります。

 去年はキリシマツツジが綺麗に咲いていたのですが、今年は少し遅れ気味のようです。
↓は、真脇ポーレポーレの正面玄関のキリシマツツジの今日現在の映像です。
a0017012_17281290.jpg
携帯カメラで撮影したのであまりよく見えないかも知れませんが連休の後半には見頃になりそうです。
また、ポーレの周辺には山桜や八重桜が見頃となっており、駐車場付近のツツジもこれから咲き始め5月いっぱいは手入れされた花々を楽しめそうです。
a0017012_17321443.jpg

 
 ポーレポーレでは、1泊2食限定ビジネスプランとしてお一人様7,500円でお泊まりいただけるようになりました。(平日限り)
さらに皆様のご希望にお応えするために朝風呂もおこなっております。
     詳しくは
           ℡ 0768-62-4700まで
                           担当 桑名・水元・松井
[PR]
# by noto-tourism | 2005-04-30 17:38 | 能登の観光情報(能都町)
a0017012_173934100.jpg


能登町・柳田小学校のすぐ横。つい10日前に新しい図書館(ではないんですが)がオープンしました。
この施設、“教養文化館”の名の通り、学習や文化体験などに使用できる多目的施設なんですが、実情として“図書館”と変わらない施設となっています。


続きはコチラ
[PR]
# by noto-tourism | 2005-04-28 17:41 | 能登の観光情報(柳田村)

中斉八幡神社の龍伝説

柳田村中斉地区の八幡神社には、ちょっと悲しい龍の伝説が残されています。

a0017012_15164947.jpg


昔、飛騨の国から一人の匠(大工)が中斉村にふらりと現れ、ある一軒の民家にお世話になり、のんびりと過ごしていました。
ある日、あまりに厄介になっているのも気の毒だとも思ったのか、蔵の横に転がしてあった、長さ二間余りの大木に何か彫り始めました。使った道具は『ちょうな』(手斧)一丁だったと言われています。

三週間くらいで立派な龍を彫り終えると、飛騨の匠はどこともなく行ってしまいました。彫り上がった龍は、首を曲げて後ろを振り向いている見事な物でした。
宿の人は大変喜んで蔵に飾り、代々家の宝物として大切に守っていました。

お話の続きはこちらをクリック
[PR]
# by noto-tourism | 2005-04-27 15:17 | 能登の観光情報(柳田村)
 先日、ガラス工芸蕾をご紹介しましたが、今日その作品が送られてきました。
 さっそく職員に見て貰い感想を求めたところ『ステキな花ビンですね』と言われてしまいました。違う~自慢のビアグラスのつもりだったのですがやはりどうも見ても花ビンに見えるのでしょうか?
a0017012_1414422.jpg
 
 確かに飲み口が厚いためグラスには見えにくいのかも知れません。ピントがあまく気泡やひび割れが上手く撮れていませんが、間違いなく世界に一つだけのオリジナルグラスです。
今日は、このグラスでビールを楽しもうと今からワクワクしています。

 この蕾のご夫婦のガラス展が5月30日(月)~6月4日(土)までの間下記のとおり開催されます。
 交通:東京メトロ:丸の内線・日比谷線・銀座線「銀座駅」B3出口より徒歩1分
    住所:〒104-0061
 □□:東京都中央区銀座5-5-9
 □□:阿部ビル4F.6F   AC,GALLERY
 TEL:03-3573-3676
 FAX:03-3573-3676
 時間:11:00AM~7:00PM(最終日は5:00PMまで)
 ぜひこのBLOGをご覧になった方一度作品をご覧頂きたいと思います。
なお、期間中は在廊されているとのことです。
[PR]
# by noto-tourism | 2005-04-26 14:03 | 能登のプチ情報