能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

<   2005年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

千畳敷(万畳敷)は能都町観光名所のひとつでもあり、素晴らしい景色も有名な場所なのですが、その名の通り潮がひくと広々とした岩盤が姿をあらわします。
a0017012_12384279.jpg

この千畳敷、昔は家の基礎にでも使ったのか石材を切り出していたのか、中には真四角のプールのような場所もあり、潮がひいて取り残された海の生き物たちを間近で見ることができるチョットした穴場だったりします。

で、そのプールの中をよ~く見てみると・・・。
a0017012_1246039.jpg

これ、なんだか分かりますか?
一見するとただの小石に見えるもの、実は小さな巻貝なんです。
見方によってはちょっとキモいかな・・・、なんせあたりに落ちてる小石のようなものが全部貝なんですから。

また他にも運がよければサザエなども苦労せずゲットできちゃったりします。
a0017012_1249652.jpg

近所のオジサンがいらっしゃったんで袋の中身を見せていただいたんですが、小一時間でこれだけの量をゲットしたそうで、きっと晩には酒の肴になるんだとうなぁ、なんて考えるとよだれが出てきますよね。

あとは海藻。
天然のワカメや神馬草なんかも簡単に取れます。

神馬草って聞いたことがない方もいらっしゃると思いますが、能登では一般的で酢の物や味噌汁の具になったりする歯ごたえのよい海藻です。

私のオススメは“神馬草の佃煮”かな。
海苔の佃煮と作り方は変わらないんですが、食べたときの感触は海苔とは比較対照にならないです。“ごはんですよ”の味でプチプチちょいニュルニュル、想像できますか?

ちなみに能登の人は神馬草を佃煮にする習慣はないようで(私が異常?)、周りの人に『この前の神馬草、佃煮にしたらめちゃウマだったよぉ』って言ったら、『マジかよ!?』って変な目で見られましたorz

これ、製品化したら売れると思うんだけどなぁ・・・。

■追記
すでに製品化されてるものがありました。
http://www5.nkansai.ne.jp/com/marin/info/omeyagemono.htm
http://www.amino-town.jp/tgg/products/food/03html/873.htm
http://8606.teacup.com/fueisya/shop/01_01_01/EK-13/
http://www.noson-kyoto.jp/chokuso/item/098.html
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-11 12:59 | 能登の観光情報(能都町)
 明日、冬の食文化・体験の旅 パートⅡが開催されます。パートⅠが好評でしたのでスタッフは前回以上に気を引き締めて参加される皆さんに応対を心がけています。

 前回は、大阪からの参加者もいましたが今回は横浜からわざわざ参加される方がいます。遠方からの参加で本当に感謝の気持ちで一杯です。明日のblogに間に合えば紹介したいと思います。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-10 18:33 | 能登の旬な情報

裏・遠島山公園

a0017012_16464775.jpg

裏(海側)から見た遠島山公園。

今日は写真だけです(^^;)

この付近には“内えびす”“外えびす”と呼ばれるちょっと変わった恵比寿様があります。
その話はまた今度・・・。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-09 16:49 | 能登の観光情報(能都町)

のと鉄道 哀惜の旅

 昨日、今日と、のと鉄道で行く のと町民号最終の旅がありました。
以下新聞記事の抜粋を紹介します。

のと鉄道(鷲嶽勝彦社長)と沿線自治体の一つ石川県能都町は六日、共同で特別列車「のと町民号」を運行した。列車は募集定員を二十人近く上回る約百二十人の参加者で満員となり、三月末で廃止となる同鉄道能登線(穴水-蛸島間)の最後を惜しんだ。

 同日朝は、宇出津駅で出発式が開かれた。持木一茂・能都町長は「皆さんに愛された鉄道は残念ながら廃止となりますが、思い出に残るような旅行になるよう楽しんでください」とあいさつ。鷲嶽社長も交えてテープカットの後、列車は鉄道の玄関口・和倉温泉駅に向けホームを離れた。
 と掲載されていました。

a0017012_17192860.jpg


 写真は、新聞社のものです。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-07 17:11 | 能登の旬な情報

起舟祭

 今週末(2月11日、12日)能都町のグリーン・ツーリズム推進協議会がおこなっている2回目の食文化の旅がおこなわれます。好評に終わった1回目に続き今回は、参加される人数も増えての開催です。

 能都町では、ちょうどこの時に起舟がおこなわれます。起舟とは、漁師にとって年に一度のお祝いの日、大小100隻余りの漁船が大漁旗を張り巡らして船を飾り、榊と御神酒を供えて伝統の起舟を祝う。また、大敷網の各組合では関係者がそろって賑やか酒盛りを開く、漁村の旧正月行事のことですが、近年はそれほど賑やかに実施しているところは少なくなりましたが、それでも写真のように舟には、大漁旗が取り付けられます。
a0017012_1336763.jpg


 週末の予定が決まっていない方、宇出津の町並み散策と起舟そして縄文真脇温泉の週末感謝祭のコースでのんびりされてはいかがでしょう・・・
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-06 13:28 | 能登の観光情報(能都町)

県道内浦線通行止め

 先月12月13日にお知らせした縄文真脇温泉・真脇ポーレポーレなどへ行く県道能都・内浦線が残念なことに落石のため全面通行止めとなりました。
 復旧の目処はたっておらず、石川県土木の案内では『当分の間』と言うことです。真脇温泉・ポーレポーレのご利用の方は、宇出津から国道249号線を利用しご来場下さい。

 詳細は、縄文真脇温泉   ℡0768-62-4567
      真脇ポーレポーレ ℡0768-62-4700
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-05 08:22 | 能登の旬な情報
友人が唐突に『そういやサザエさんに奥能登でてたよねぇ』なんていいだすもんですから、何のことかと思いきや、オープニング曲に合わせて日本全国の観光名所なんかを紹介していたんでしたね。私もかすかに記憶にあります。

でも、あのオープニングに出ていた奥能登の観光地ってどこだったっけ?なんて考え出すと端的にしか思い出せず、やっぱりインターネットで検索してみるわけなんですが、残念ながらサザエさんのオープニング“奥能登編”の全ての箇所を紹介しているようなところはなく、盛り上がっていたサザエさんの話題も若干下降気味だったんですが・・・、思い切って輪島市の観光課にメールを送ったところ詳しい情報を頂き、全て解決しちゃいました!

>輪島市産業経済部観光課の担当者さん
しょうもない疑問に親身になって答えていただき、本当にありがとうございますm(_ _)m


他に紹介しているサイトも無いようなので備忘録代わりに記しておきます。
“サザエさんの旅”に行ってみたい!という方は参考にしてみてください。



■奥能登 秋編
輪島港→輪島の朝市→輪島漆芸美術館→キリコ会館(輪島市)→御陣乗太鼓(輪島市)→白米の千枚田(輪島市)→総持寺(門前町)→禄剛崎灯台(珠洲市)→ツインブリッジのと(中島町)→能登島大橋(能登島町)→のとじま水族館(能登島町)

■奥能登 冬編
能登空港→白米の千枚田→西保の間垣(輪島市)→波の花(輪島・珠洲)→御陣乗太鼓(輪島市)→福浦灯台(富来町)→温泉(指定なし)→九十九湾(内浦町)→のと鉄道(能都町)→世界一大きい縄文土器(能都町)→七尾美術館(七尾市)→能登島ガラス美術館(能登島町)→能登島ガラス工房(能登島町)

※市町村合併前の旧名称で記載


どうでしょう、参考になりましたか?
皆さんもぐるり能登半島1周の旅を、サザエさんへの思いを馳せながら巡ってみてはいかがですか?
“コスプレ”や“なりきり”で、『よ~し、俺はマスオさん役なぁ!』『ンじゃ私はタマでよろしくぅ!』なんて盛り上がりながら奥能登旅行するのもいいかもしれませんよ。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-04 14:26 | 能登のプチ情報
能登カフェ企画のBlogのほうはたまに覗いてたんですが、北国新聞にも記事が掲載され、いよいよカフェも4月下旬頃には本格始動!ということらしいです。

参考:
能登から届けるスローライフスタイル

古民家改装の様子やスローライフ商品の紹介など豊富なコンテンツで、隅々まで楽しめます。
またカフェのメニュー(スイーツなど)を募集しているそうなので、興味のある方はアイディアを応募してみては?
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-04 12:13 | 能登のプチ情報
1月16日の記事で奥能登の寒ブリについて少し書きましたが、中日新聞に面白い記事が載っていたので紹介しますね。

■中日新聞
『天然能登寒ぶり』全国発信

ブランド化によって全国的に知名度が上がるといいですよねぇ。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-04 12:01 | 能登のプチ情報
ビジネス目的のブログ利用について

奥能登をもっと知っていただき、奥能登がもっと活性化するようにと願いを込めて(財)能都町ふるさと創生公社の中の私が奥能登の観光ガイドに載っていない穴場スポットや旬のニュースを掲載していたんですが・・・。

exciteブログのトップにビジネス目的のブログ解禁!ってあって、
# 運営者名、概要、連絡先がブログ上の「メモ帳」もしくはスキン上に明記されていること
# 運営者のウェブサイトにリンクされていること
とあったんですが、ここ(のとツーリズム)は一応条件満たしてますよね?
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-03 13:58 | トラックバック