能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

<   2004年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

内浦線開通

 新潟中越地震で土砂崩れが起きた県道内浦・小木線が12日、日曜日全面通行が可能になりました。真脇温泉真脇ポーレポーレに行くのに迂回路を経由するなど大変ご迷惑をおかけしました。

 千畳敷付近の急カーブが広くゆるやかになりました。

 今年になって、この内浦線は6月の崩落に始まり頻繁に工事がおこなわれて真脇方面の利用される方々の不評をかっていました。それでも年末にむけて道路が拡幅され通行しやすくなったということは喜ばしいことです。
 真脇温泉では、年末年始にかけて無休で営業の予定です。また1月22,23日には開湯記念イベントを実施します。

 また、ポーレポーレの宿泊される方、温泉を楽しまれる方のために10,000個の電球で木々をライトアップしていますので見物に来てみませんか?
a0017012_18592272.jpg

[PR]
by noto-tourism | 2004-12-13 17:28 | 能登の楽しい道
真脇ポーレポーレではX'masオードブル、おせち料理の注文を承り中です。

■X'masオードブル
・一皿 ¥5,000-
・ご自宅まで配達します。
・締め切りは12/15まで

■おせち料理
・和洋三段重(4~5名様用) ¥15,000-
・限定100個
・締め切りは12/20まで


お問い合わせ・ご注文はお電話で
Tel (0768) 62 - 4700
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-11 16:59 | 能登の旬な情報
ちなみに恋路で有名なこの内浦町のマンホールは、ご覧のようなハートのデザインとなっています。さすが-ロマンの里 内浦町-
a0017012_12212980.jpg

[PR]
by noto-tourism | 2004-12-11 12:26 | マンホール

恋路駅の落書き

高速道路のPAのトイレに書いてある落書きって、なかには面白いものもあってついついじっくり読んじゃいますよね。

今日ご紹介するのは縁結びで有名な恋路、悲しい恋物語が残る内浦町の人気スポット近くの駅舎です。
全国どこにいっても、こうゆう縁結びスポットには恋人たちの、また失恋した人なんかの落書きが残されているもんです。この恋路駅も例に漏れずいろんな落書きが残されていました。
a0017012_1617392.jpg


2004年夏、一人旅でここ『恋路』に来ました。
でも俺には恋人がいません。てかフラレました。
でもいなくたっていいんだ!その分夢も大きいんだし。
いつか愛する人ができたら、ここ恋路に再び来ます。
いつになるか分からないけど!

2004.8.21 のと鉄道最後の夏に!
千葉からきたD.K


どうやら彼は失恋の旅だったようです。でもそんなことより今は自分の夢に向かって進むぞ、という思いが『!』に表れていますね。
のと鉄道がなくなったら駅舎も無くなるのかな?そうなったら彼は再びこの地に戻ってくることはできませんが、まぁきっと彼女に笑い話として語っていることでしょう。


a0017012_16243277.jpg


2004/9/19  17:14
慎平・俊輔の2人でここへ来た。
日本中をヒッチハイクでまわり、ここが最終地点。
男二人でこの地はけっこうオツなもの。

今回は最高の友ときた。
次は最高の恋人とくる。

能登 so good!
能登と遭遇


前半は慎平、後半は俊輔でしょうか?
ヒッチハイクで能登まで来て、帰りは交通機関を使ったのかな?一見すると熱い友情を確かめ合ってるように見えますが・・・。

a0017012_16321099.jpg


将弥に許してもらえるその日まで
俺は走り続ける
平成十三年七月二十日(金) 二十六才 17:23

将弥、俺は腐っちまったよ
君への愛を失ってから
俺は死んでた
だけどもう一度走り続ける為に
今日ここに来たんだ
平成十六年三月二十四日(水) 二十九才 16:46



え~っと、私の解釈が間違っていたらごめんなさい。
将弥と男A(落書きした人)は同性愛者なんですよね?でなにか理由があって男Aは将弥に取り返しのつかないことをしてしまったと。そのことを悔やんでいるようです。

そして2年半後、再びこの地に戻ってきた男Aは未だに将弥に許してもらえないんでしょうか?もしくは謝る勇気が無い。でもこれからも頑張るぞ!ということですな?


でも落書きって犯罪ですよね?のと鉄道の職員さんやボランティアの方々によって時々きれいにされているのか、比較的新しいものしか残ってませんでした。
こうゆう方々の思いを残せる専用掲示板とかノートとかあればいいんでしょうが。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-10 16:53 | 能登の観光情報(内浦町)
柳田食産株式会社でフローズンブルーベリーの販売を始めたと先日お伝えしたんですが、ちょっと個人的に興味があったんで購入してみることにしました。

通信販売がメインということなんですが、場所も近いということで工場見学も兼ねて柳田食産株式会社まで。場所は柳田村植物公園のすぐそばです。

まずはフロントのお姉さんに挨拶をし先にベリーの注文をしてから工場見学へ。
この施設は1階が工場と試飲や体験コーナーなど、2階が工場見学エリアとなっています。

2階からはブルーベリーワインの発酵タンクなどを見学できるのですが、ついでですから簡単にワインの生産工程を紹介しておきますね。

・破砕・・・ブルーベリー果実を潰して一時発酵タンクに入れる。
 ↓
・攪拌・・・発酵が始まると果実が浮いてくるので、かき混ぜる。
 ↓
・分析・・・発酵の進み具合を毎日確認。
 ↓
・搾汁・・・一時発酵が終わると果汁を絞り2次発酵タンクに移す。
 ↓
・ろ過・・・2次発酵が終わったら“オリ”を取り除く為にろ過をする。
 ↓
・ろ過・・・2回目のろ過。よりきれいにします。
 ↓
・ろ過・・・3回目のろ過。瓶詰めする前の仕上げです。
 ↓
・瓶詰・・・仕上がったワインを瓶詰めして出荷!

何回も何回もろ過を繰り返して綺麗なベリー色のワインができるんですねぇ、チョット関心。

工場見学もそこそこに1階へ降りると、お姉さんの『お待たせしました~!』の声が。どうやら大きな貯蔵庫から出して箱詰めしてくれたみたい。1kgで¥2,000弱ということで高いか安いかは価値観の違いこそあるものの箱はずっしりと重く、期待も膨らみます。

そしていよいよゴタイメ~ン!待ちに待ったフローズンブルーベリーです。
a0017012_16474784.jpg

おおぉ~!なんかキラキラ輝いてますねぇ。一粒つまむと口の中に甘酸っぱいベリーの香りが広がります。フレッシュと比べると味は落ちるということですが、これなら年中楽しめますし、そのまま食べてもヨーグルトに混ぜたりお菓子に添えたりしても良さそうです。


ではもう一度アナウンス。

各一箱詰め
・1kg \1,995-
・2kg \3,990-
・3kg \5,985-
・5kg 9,975-
 (消費税込み・送料別)

遠方の方は柳田村ヤッピーマーケットの通販を是非ご利用ください。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-10 16:10 | 能登の観光情報(柳田村)

千畳敷に射す光

天気が悪いときはいまいち気分が乗らないってことはないですか?
それが旅行中だったりすると、もうその旅は台無しになってしまった気にもなりますよね。

でもちょっと視点を変えて天気が悪いときにしか見れない“瞬間の景色”にも注目してみてください。写真は能都町・千畳敷からの景色。雲の切れ間から差し込む光と漁船、そして佇む鷺です。

a0017012_1623259.jpg


a0017012_16233788.jpg


ま、たまにはどんよりした灰色の空もいいもんです。冬の能登はこんな天気ばっかりですが・・・。今年は暖冬とか言ってますが、雪は降らないということは重い雲もどっか行っちゃうのかな?
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-09 16:25 | 能登の旬な情報
1本しかないのに夫婦松とはこれ如何に?
a0017012_11175752.jpg

輪島市南志見の里山にある住吉神社には1本の巨木が立っています。
胸高周囲4.6m、樹高28mの、まるで大きな盆栽のような姿形のいい大松は石川県一の黒松です。
昭和33年6月11日には輪島市指定天然記念物にも指定されました。

その昔、この住吉神社は東山町と忍町の境界にある亀尾に鎮座していたと伝えられています。しかし“ある時”を境に現在の地に移ったといわれています。時は承久年間(1219~1229)ごろのこと。

なぜって?
この地に残る伝承によれば、住吉の神が『海の渚の音を聞きたい』なんてわがままを言い出したんですって。神様も山より海の近くが良かったんですかね。山には山の良さがあると思うんですが、きっと飽きちゃったのかもしれません。

さて、そんな神社に立つ大きな松がなぜ1本しかないのに夫婦松と呼ばれるかなんですが、もともとはやはり2本立っていたそうです。しかし長い年月のうちに内1本は枯れ果ててしまったのです。伴侶に先立たれるなんて寂しい(TT)

しかし今でも地元の人には“夫婦松”と呼ばれています。松もきっと一人で寂しいでしょうが、地元の人には愛され続けることでしょう。



今日はもう1つ、この神社の狛犬をついでに。
a0017012_11323746.jpg

この写真、どっかで見たことないですか?
実はメインページの上部に飾ってるものなんです。バックの紅葉があんまり綺麗だったもので切り抜いて配置してみました。
a0017012_11361381.jpg

こちらは“阿”のほう。大正10年7月のもので、なかなかの年代ものです。口と目が赤いのがちと怖いですが・・・。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-09 11:39 | 能登の観光情報(輪島市)
微妙に放置気味のメインのページですが、
今回新たにアンケート投票掲示板のページを設置しました。

アンケート投票については現在“好きな観光地・施設”というテーマで投票募集中です。また掲示板にて投票テーマの募集もしています。

掲示板は以前から設置していたんですが、スレッド式のものへ移行しました。とりあえずいくつかスレッド(話題)は置いておきましたので、自由にご利用ください。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-08 21:07 | 能登のプチ情報
カニといえば皆さんはどこを思い出します?

やっぱ北海道の毛蟹とか?それとも福井の越前カニ?いやいや金沢の近江町市場でも売ってるぞ!など、やはりカニと結びつく地区のイメージってあると思うんですが、それじゃあ能登にカニはいないのかというと、そんなことはないんです。
a0017012_16304145.jpg

写真は某漁港近くのカニ専売店の様子です。
港で揚がったカニをサッと茹で、箱詰めにしています。

能登にカニ専売店?能登=カニのイメージが結びつかないかもしれませんが、確かに能登の港でもカニは揚がってるんです。

ただ卸すのは地元ではなく高く売れる某市場。食卓にあがる何気なく買ったカニは実は能登の港で水揚げされたものだった、というのもありえることなんですよね。

ちなみに真脇ポーレポーレでは、この地元で揚がったカニを召し上がることができます。
カニを食べるなら北海道だ!福井だ!金沢だ!何て言わずに、ぜひ一度能登で揚がったカニを食べてみてください。冷凍の安いカニを食べるのと同等の値段でワンランクもツーランクも上のカニを食べられるんですから、知ってるとかなりお徳ですよ(^o^)/
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-07 16:44 | 能登の旬な情報

初みぞれ

 日一日と寒さが厳しくなってきました。先日初霜が降りたばかりですが今朝は、とうとうみぞれが降りました。残念ながら映像におさめることができませんでした。北海道では40cmの積雪だそうですが、西高東低の冬型の気圧配置も明日からは緩んでしばらくは穏やかな日が続きそうです。

 先日から、グリーン・ツーリズムの情報を何度か掲載していますが、公社ではこの事業に取り組むために職員が基礎からの研修に努めています。
 一昨年より、様々な研修会、講習会に参加し体験に訪れて下さる皆様の喜んでくれる顔を見たくて一生懸命です。
また、今日から、若いスタッフがまちむら交流機構のインストラクター研修に参加しております。 3泊4日の中で、居眠りも許されない厳しい研修で何を感じて学んできてくれるか非常に楽しみです。

 公社の冬企画、町の推進協議会の冬企画ともに皆さんが参加して良かったと思える雰囲気づくりをしたいと考えています。

 雪の降る日本海を眺めながらをお座敷列車で1時間の旅。演歌の世界ではありませんが、♪肴は炙ったイカでいい♪
 イカづくしの珍味づくりと新酒の聞き酒に温泉。きっと日本人に生まれて良かったと感じられる企画にしたいとスタッフ一同頑張っています。
 


 
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-06 18:56 | 能登の旬な情報