能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

<   2004年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧

能登七見健康福祉の郷なごみでは
明日1月1日に限り、先着15名?様にお年玉プレゼントをご用意しております。

15名?となっているのは書き間違いではないですよ?
お年玉プレゼントはなごみ玄関の下足箱の中に忍ばせてあります。
つまりちょっとしたくじ引き・運試しのような企画となっております。

オープンは通常通り朝10:00~よりとなっておりますので、新年初風呂は是非とも健康福祉の郷なごみまで!
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



情報提供者:能登七見健康福祉の郷なごみ所長 加須屋
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-31 16:18 | 能登の旬な情報
明日、真脇ポーレポーレにて餅つきがあります!

朝10:00より2回行なう毎年恒例の餅つきは、宿泊のお客様だけでなく一般の方も参加OK!
参加されたお客様に杵を持っていただき、実際にご自分の手で餅つき体験ができます。

つきあがった餅は、あんこ、きなこ、大根おろしなどにまぶし食べ放題。機械でついた餅と違って自分の手で臼でついた餅は格別に美味いです!

真脇ポーレポーレは宿泊施設、餅つきだけの用事でお邪魔してもいいのかしら・・・、なんて心配はご無用です!皆さん気軽にお越しください。

その他、谷泉、竹葉の各銘柄を酒樽で振舞っております。
こちらも飲み放題となっております。


また、隣接する縄文真脇温泉浴場では正月三が日の期間、甘酒の無料サービスをしております。
宇出津数馬酒造の高級酒粕をふんだんに使った薫り高い甘酒を、ぜひ一度ご賞味ください。





情報提供者:真脇ポーレポーレ支配人 桑名
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-31 15:52 | 能登の旬な情報

小木の船凍イカ

全国的にも有名なイカの町“小木”
今日は一年で一番の稼ぎ時、船凍イカの水揚げ風景を紹介します。
a0017012_11164448.jpg

小木漁港前には135tクラスの大型漁船が10隻以上停泊し、満載にされた船凍イカの荷降しを今か今かと待ちわびています。
船内には8.5kg入りのケースが10,000個以上積んであり、数十人の人員が休まず働いても3時間はかかります。

a0017012_1348279.jpg

船の側面に空いた小さな穴から、箱詰めされた船凍イカが次々と出てきます。
これって船内の冷凍庫にもつながっているわけで、冷凍庫内で作業している人の苦労を考えると頭が下がります。

出てきたイカはローラーに乗ってどんどん送り出されます。
そしてその先にいるのが・・・。





a0017012_13591894.jpg

はい、オバちゃんの行列です。
でもこれ、ただ並んでるんじゃないですよ。
送り出されてきたイカを人海戦術で運び出し、トラックに積む為にサイズ別に積み上げていくんです。
ちなみにオバちゃんの日当は¥10,000-は軽く越えるくらいだとか。

a0017012_1414277.jpg

こんな感じで積まれたイカは、このまま保冷車に乗せられて全国に出荷されていくんです。
大手取引先は東北の加工食品会社だそうですが、その他にも全国各地のスーパーや加工工場に直接届けられます。

あなたがいつも行くスーパーにイカが並んでいたら、水揚港をチェックしてみましょう。
もしかしたら遠く離れたこの奥能登から届けられたものかもしれませんよ(σ´∀`)σ
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-29 14:19 | 能登の旬な情報
昨日の雪は能都町ではほとんど積もらず、ただただ寒いだけの一日でした。
『暖冬で雪が少ない』って毎年言ってるような気がしますけど、私の記憶の中では膝くらいまで積もったことも数回しかないような気がします。

それでも柳田村当目地区の友人から聞いた話だと、昔は家の1階部分が全て埋まり(積雪2mくらい?)、出入りは2階の窓からしてたなんて聞くんですよねぇ。

そこで、そうゆう積雪に関する資料は無いもんかとググってみたんですが、日本の雪崩災害デ-タベースというページを見つけました。これ、結構興味深い資料ですよ。

まず石川県の雪崩災害は記録をとり始めてから今までに218件/253人。
そして奥能登地方は輪島市が9件、柳田村が3件、珠洲市が2件、穴水町が1件となっています。

その中で柳田村の資料に目を通すと、確かに2階から出入りするような大雪が降っていたようです。ほんの少しだけ紹介しておきますね。


■発生日時:昭和55年(1980)2月16日  4:00

■被災箇所:鳳至郡 柳田村中斉 大規模農道

■被災者:なし

■被害概要:長さ30m深さ3mにわたって幅8mの大規模農道が雪崩で埋まり通行不能。

■気象状況:前日の雪解けで積もっていた2mの雪が緩んだ為。


道路の上に3mもの雪が覆い被さってきたなんて、今の奥能登じゃ考えられない被害です。
そして確かに2mの積雪と書いてありました。
2mなら2階から出入りしないといけなかったという友人の証言も正しかったといえるでしょう。

私よりもっと年配の方ならリアルタイムで体験したのかな?
ちなみにこの災害のあった1980年は私の生まれた年でもあって、身重の母が大雪のなか病院まで通っていたのかと思うと、ちょっと考えさせられますね。
ちゃんと生まれてこれて良かったです( ´ー`)
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-29 10:16 | つぶやき

ubicast Blogger

ubicast Bloggerという、ブログ投稿のサポートをしてくれる無料のオンラインソフトを使ってみたんですが、なかなか便利ですね、これ。
ブラウザ開いてログインして、って作業が無くなって、すぐに書けるようになりました。
あと、ブラウザ+レタッチソフトの窓2つでモニタもいっぱいいっぱいだったのもすっきり解消。
オススメです。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-28 17:09 | つぶやき

能都町も積雪ですね

a0017012_9204128.jpg

海沿いだからしばらく積雪はないだろうと勝手に思っていた能都町住民の私ですが、今朝からついにうっすらと積もり始めました。
ボタ雪系がガンガン降ってるので、このまま夜まで降り続ければかなり積もりそうな予感です。

そういえば能登半島最北の柳田村/黒川温泉スキー場ですが、オープンしたって話を聞かないところをみると、やはりまだ滑れるくらいには積もってないんでしょうね。
小さいですが、地元住民に愛されるファミリー向けの素敵なスキー場です。せめて雪不足に悩むスキー場の上空だけでも降ってくれればいいのに、神様ってなかなかの意地悪です。

ん?いや、よく考えたら神様は別に意地悪じゃないな。
ヒトがワガママなだけですね┐(´ー`)┌
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-28 09:41 | 能登の旬な情報
a0017012_1720920.jpg


 縄文真脇温泉において12月から3月まで毎週土、日に温泉を利用された方がお汁粉や鍋物が振る舞われます。
 今日は、けんちん汁がお客さんにサービスされていました。取材した時にちょうど金沢から来られたという中年のご夫婦が召しあがっていましたが、寒い日でもあり大変喜んでいました。

 温泉では、年末年始は休まず営業しており、1日、2日には甘酒サービスの予定をしています。また22日、23日には開湯記念祭を予定しております。このイベントに皆さんのアイディアを募集しています。
 
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-26 17:15 | 能登の旬な情報
 12月ももうすぐ終わりだというのにまるで今日は、春を思わせる日です。能都町の羽根海岸には、たくさんのウミネコが波打ち際でひなたぼっこをしていました。
a0017012_1547352.jpg

海の向こうには、頂上に雪化粧をした立山連峰がうっすらと見えます。

 ウミネコに誘われるように波打ち際へ足を進めると・・・・・?先日の時化で鯨が打ち上げられたのか・・・・・・?
a0017012_15543738.jpg

黒い円形の物体・・・・一体なんだろうと近寄ってみましたが。中は空洞で長さ7~8m、直径70cm程でしょうか。
a0017012_15575541.jpg

見たこともない物です。北朝鮮から流れてきたのか実に奇妙な物体です。
しかし、これを撤去するのには大変な労力を必要とすると思われます。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-25 15:49 | 能登のプチ情報
今日は全国的にも珍しい門前町の茅葺屋根のお寺<石川県指定有形文化財>阿岸本誓寺本堂です。
a0017012_13412556.jpg

かなりデカイ建造物なんですが、これだけ豪快な茅葺屋根のお寺は石川県内はもとより全国的にも珍しい文化財です。

本堂は入母屋造り、平入、総茅葺で、正面に4本柱の三間向拝が設けられています。
規模は、正面桁行柱間が9間(24.12m)、梁行柱間が10間(23.95m)、棟高が22.55mと大規模な建物。

また石川県指定天然記念物のアギシコギザクラもこちら。
a0017012_13572290.jpg

ま、今の時期はもちろん枝だけなんですが、春には1花に80~140枚の花弁をつけるそうです。
つぼみは、初めのうちは桜赤色で、開くにしたがって外輪の花冠からだんだん淡色になって、そのうち真っ白の花弁になるそうです。

いいなぁ、きっとキレイなんでしょうねぇ。春になるのが楽しみです。
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-24 14:02 | 能登の観光情報(門前町)

波の花はアイスクリーム

気温が下がり、冷たい風が吹きすさむ頃になると現れるのが“波の花”
観光マップなどでは曽々木海岸が名所として紹介される場合が多いですが、実際には門前~珠洲の外浦の海岸で岩場であれば見ることができます。

写真は雪割草の群生地としても有名な門前町・猿山岬灯台付近の海岸です。
a0017012_13202096.jpg

“波の花”って海水が泡になったものなんですが、白くてフワフワしてるからって触ると、磯臭い匂いが服に染み付いて、帰りの車内で鬱になったりする可能性があるので注意!

ちなみにこの季節の外浦(日本海)はエメラルドグリーン。その激しい波が岩にぶつかって白い泡が出るんですが、この色使い、コントラスト、どっかでみたことあるような・・・、と思ったらアレでしたアレ!









a0017012_1328026.jpg

そう、クリームソーダ!
冬の日本海はまるで大きなクリームソーダみたいです。


能登って冬は厳しい環境ですし、波の花を見る為に海岸に立っていたら、それこそ2~3分で体が芯から冷え切ってしまいます。
でもこのクリームソーダ色の日本海を見ることができるのも今の季節だけ!というのも事実なんですよね。
風邪をひかないよう厚着して、近隣の温泉は事前にチェック。
準備万端で“大きなクリームソーダ”を一度ご覧になってみてはいかがですか?
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-23 13:36 | 能登の旬な情報