能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

<   2004年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

空海創建の寺/法住寺

 珠洲の秘境・曽の坊の滝が空海の修行の場だったと知った私は、いつだったか見附島を見に行ったときの写真に関連した文書が写っていたのを思い出しました。

見附島と空海

 弘法大師空海が唐の国に渡り恵果アジャリのもとで修行され三国伝来の伝承者と認められ金胎両部の潅頂をうけ密教伝来の三杵を授けられた。
 唐の僧たちはその三杵を奪い返さんと、日本に帰ろうとする空海を海岸まで追い詰めてきた。そのとき空海は、東方を望まれ『密教有縁の所に生きて我を待つべし』と三杵を大空高く投げられた。
 帰国された空海は、三杵を求めて海路佐渡より能登沖を通られたとき、波の音とともに法華経を唱える声が聞こえてきたので島を頼りに着岸された。(これが見附島ですね)
 そこで村人たちの案内により、山の桜の樹に捜し求めていた三杵のひとつ五鈷杵が光り輝き白夜法華経を唱えていたのを見つけた。
 空海は深くお喜びになり、ここに一宇を創建され吼木山法住寺と名づけられた。

 そして三鈷杵は高野山の松の樹に、独鈷杵は佐渡の小比叡山の柳の樹にかかっていた。

 それより島を見附島と呼び縁結びの神を祭り、海難の守り神とともに小社を安置し、4月18日を祭日とし舟を繰り出し島上に登り祝詩を奉じてきた。(昔は見附島に登る階段があったそうですが、今はないです)

 しかし今は歳月による風化に加え、能登沖地震や台風の被害により、島に往時の偲ぶ雄姿はなく島の社も崩壊したまま今日に到っています。

平成十二年七月   見附の社



 先日曽の坊の滝を見に行ったときは、滝への目印程度に考えていたんですが、なるほど本当に空海ゆかりのお寺だったんですね。
 ちょうどそのときに写真を一枚撮ったので掲載しておきます。

a0017012_15363235.jpg


 こちらは正門ですね。ここから100mほど階段を登ると法住寺です。
 門の周辺には桜が植えられ(これが五鈷杵が刺さっていた樹!?)、春には桜吹雪が見れることでしょう。小川のせせらぎが聞こえ小鳥のさえずりが聞こえる、まるで昔話の世界に迷い込んでしまったかのような場所です。

 それにしても空海が杵を求めて旅した3ヶ所のひとつが能登の山寺だったとは・・・。空海にゆかりのある話や土地は全国にたくさんあるでしょうが、奥能登で他にこのような場所があればぜひとも紹介したいです。そういえば空海が水不足で困っていた村人のために掘った泉の話も聞いたことあるようなないような・・・。空海について勉強することにします(^^;
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-31 15:55 | 能登の観光情報(珠洲市)

能登の稲刈り

 台風16号が接近しております。能都町では、宇出津港の冠水で紹介しましたが今日も高潮のための警戒で消防を始め役場の職員・地元住民が対策におわれています。
a0017012_17572080.jpg
ここは、先日紹介したばかりの波並西の上の稲刈り風景です。先日は後1ヶ月もすれば稲刈りが・・と紹介しましたが、すでに稲刈りが始まっていました。ここだけではなく、早稲は、すでにかなりの地区でおこなわれています。
 奥の方に丸太で組んだ階段のようなものが見えますが、能登ではこれをはざと呼んでいます。刈り取った稲ここに並べてを潮風に当て自然乾燥させます。未だに全国各地にこのような風習は残っていますが、やはり自然乾燥させたお米は一味も二味も違います。

 最近では、機械で刈り取りすぐに袋詰めできるようになっていますが、能登では未だにこういう形が多く残っています。袋詰めされたものを機械乾燥して出荷されているのが現状の中、高齢化が進む過疎地域では、いつまでこの形が維持できるのか・・・えぶりのお父さんも息子が田植え、稲刈りに帰って来ないと続けられないと言っていました。

 漁業も含め一次産業の見直しを考えないと能登だけではなく日本の将来は本当に心配されます。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-30 17:56 | 能登の旬な情報

倒(さかさ)スギ

 枝が全て下に垂れた珠洲市上戸地区の杉の大木を紹介します。

a0017012_17125491.jpg


 石川県指定天然記念物 倒(さかさ)スギ

■県指定年月日
 昭和44年3月19日

■指定の理由
 樹形の優れたスギの名木

■説明事項
 倒スギは、樹齢約850年と推定され、幹周り6.78m、高さ12mで、樹高に比べて枝のひろがりがあり、それは30mにもおよぶ。
 すべての枝が下方に垂れ、地面につくものもある。こうした樹形はまことに珍しくみごとであり、この名の由来があると思われる。


 と、看板には書かれていました。

 このスギの大きさや形がみごとなのはもちろんなんですが、私が驚いたのはこんな名木が山奥ではなく里の真ん中にあることです。そう、このスギは街道のすぐ脇の水田地帯の真ん中にど~んとかまえているんです。
 もしかしたら、850年前に盆栽好きの近所のおじいさんが田んぼの作業の合間に大好きな盆栽を眺められるよう、あぜ道に植え、それが大きくなったんでは?そんな想像をせずにはいられない不思議な杉です。
 ぜひ一度ご覧ください。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-29 17:26 | 能登の観光情報(珠洲市)
 
a0017012_14133763.jpg

 27、28、29日と能都健民テニスコートにおいて第21回石川県中学生ソフトテニス選手権が開催されています。初日の昨日は、女子団体、2日目は女子個人、男子個人、最終日に男子団体戦がおこなわれます。a0017012_14181584.jpg
女子団体は、地元能都町の能都中学校が保護者の応援のもと5年ぶり9回目の優勝を飾りました。そう言えば今年は、女子の全国小学生大会でも能都町を中心としたチームで団体、個人で優勝、全国中学生大会では男子が団体準優勝を飾り、『テニスの町 能都町』の復活を印象づけてくれました。昭和59年にこのテニスコートがオープンしてから、インカレ、インターハイ、実業団大会、石川国体、全国小学生、中学生大会などほとんどの大会を開催してきました。奥の方に見えるのが室内テニスコート(4面)で国体時に雨天会場用として建設されたのですが、今では能都町の重要な施設として活用されております。
 人工芝コートになってからは、散水や雨が降ってもコート整備の心配がなくなり大会の進行もずいぶんと楽になりましたが、a0017012_14593030.jpgそれでもこの大会では、男女個人併せて、700チームほどが参加しているため常に本部席は、成績の確認等に神経を注いでいます。残り、今日と明日2日間、選手役員の皆さん頑張って下さい。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-28 14:18 | 能登の旬な情報

秘境・曽の坊の滝

 まさかこんな大冒険になろうとは・・・。

a0017012_1754712.jpg


 『珠洲の人里離れた山奥に弘法大師が修行したという素晴らしい滝がある。』
 ひょんなことからそんな情報を聞きつけた私は、是非ともその滝を拝んでみたくなり、珠洲へ車を走らせました。なんでもその滝は、真言宗の古刹法住寺の奥、般若川上流にあり、法住寺を創建したといわれる弘法大師が修行した場所とのこと。
 なにやら神秘的で知られざる秘境のロマンを感じた私は車のハンドルを握る手も軽やかでした。

 さて、手持ちの丸秘ガイドマップによると曽の坊の滝は法住寺の裏手の山にあるということで、まずは法住寺へ。能登半島を貫く珠洲道路、珠洲市春日野の信号付近までくると法住寺への看板を発見!1.5車線の細い生活道路を3kmほど進むと20軒ほどの小さな集落に入り、そのまま道なりに進むと行き止まりと思われるところが法住寺でした。
 しかし噂の滝は何処だろう?と辺りを見渡しても付近には看板もなく、何の手がかりも無い状態(;´д`) どこかで道を間違えたのかもしれないと来た道を戻り、手当たり次第に横道を入ったり出たり・・・、いつしか未舗装の林道に迷い込んだ私はとりあえず車を降りました。

 a0017012_17364836.jpg
 耳をすますと近くから水の流れる音が・・・、川が近いとすると滝も近くにあるのかなと思い、さらに辺りを探索すると、なんと腐って倒れた木製の案内看板を発見!倒れてはいますが、確かにそこには【曽の坊→】と書かれていました。小躍りしたい衝動を抑えすぐさま車に乗り込みました。しばらく車を走らせると道は舗装路に変わり滝への案内看板も心なしか立派になっている気がします。

 そうして案内看板に導かれながら山の奥深くへ進み、途中未舗装林道でスタックするという事態に見舞われながらも何とか曽の坊の滝駐車場に到着したのです(駐車場といっても林道が2車線幅になっただけのような場所ですが)。

 a0017012_1747260.jpg
 駐車場から登る、今にも草に埋もれそうな登山道を突き進む私は足取りも軽く、興奮を抑えきれないでいました。
 歩くこと5分、迷子になって泣きそうになるも、ついに弘法大師が修行した珠洲の秘境・曽の坊の滝に到着しました!
a0017012_17541342.jpg


 ところで皆さん、自分に霊感があると感じたことはありますか?
 弘法大師が修行した滝かどうかなんて、今の時代に生きる私には嘘か本当か判断がつきませんが、 地元の方がこの滝に神秘的な霊力があると感じた理由は今はよくわかります。
ちょっと湿った空気が頬を撫でうっすらと靄がかかり、なぜか鳥肌が立ち背中に冷たいものを感じるんです、この滝の前にくると。でも不思議なことに不安や恐怖は感じません。そう、いつだったか行った石仏山に近い自然の霊力を肌で感じるんです。

 なんだか不思議な体験をした私は、夕暮れが近いこともあり山を降りました。帰り道、来る時には気がつかなかった看板に【ごくろうさまでした また来てください】の文字が。次は紅葉の頃かな・・・。



 さて、このブログを見て実際に曽の坊の滝を目指す人が何人いらっしゃるか分かりませんが、そんな奇特な方にいくつか注意点があります。
1)林道を通ります。最低地上高の高い車で行きましょう。
2)山道を歩きます。登山をするくらいの服装で行きましょう。
3)滝の付近にトイレがありますが、使用はお勧めできません。
4)迷子になっても泣かないでください。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-27 18:16 | 能登の観光情報(珠洲市)

能登の『わんたたき』

 しばらく更新できずご迷惑をおかけしました。今後はこのようなことがないよう一生懸命努めますのでよろしくお願い申し上げます。

 昔の田舎は、大家族で食卓では黙っていたらご飯が貰えない。そこで三男坊は、椀をたたいて存在を誇示したという微笑ましくたくましい様子を愛情を込めて呼んだという言葉が能登には、残っています。
 9月3、4日(金、土)に第21回地域づくり全国大会が能登全域で開催されます。
グリーン・ツーリズムとは直接関係ありませんが、能都町で開催される分科会ではともにグリーン・ツーリズムに熱心なところが会場となっております。興味のある方は、春蘭の里または能都町商工会(0768-62-0181)までお問い合わせ下さい。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-26 16:28

波並の奇祭

 今日は、サザエさんのオープニングに出てくるのと鉄道のシーンがある波並地区の祭礼です。この祭りの中で“夜神様”というちょっと変わった神輿を紹介します。能登の祭りと言えば
ほとんどがキリコという奉燈を担ぐのですが、この波並地区では、もちろんキリコや普通の神輿もありますが、白木で組んだ神輿もどきを担いで川や海に入ります。宇出津のあばれ神輿が有名ですが、どうも調べてみると由来が少し違っているようです。
 
由来については、後日機会がありましたら掲載いたします。
a0017012_15511177.jpg

白木で組んだ中央に榊をくくり、前と後ろに和ロウソクを3本づつ立て各町内を威勢よく練り廻ります。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-22 16:53 | 能登の観光情報(能都町)

柳田村・ござれ祭り

a0017012_20124949.jpg


 柳田村植物公園で開催中のござれ祭りです。とりあえず写真だけ・・・。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-21 20:12 | 能登の観光情報(柳田村)
 昨日の台風の爪痕が今なお残る能都町ですが、宇出津港・能都町役場周辺では今現在も土嚢の積み上げが続き、排水ポンプにて浸入した海水を排出するという作業が続いています。

 でも明るいニュースもありますよ!
 今日は国道249号線、能都町・小垣~谷屋地内で建設中だった小垣バイパスの完成開通式だったんです。

a0017012_17122688.jpg


 このバイパスにより、冬季の凍結や急カーブで非常に走り辛かった旧道を通らずとも、能都町~穴水町間をスムーズに走れるようになったんです。
 午前11:00より行われた開通式では木遣り唄や地元若衆による神輿の担ぎ出し、地元の保育園児によるにわか練り回し、三世代夫婦の渡り初め、にわか太鼓の実演などのイベントが催され、参加者にはイカ焼きや赤飯が振舞われていました。



 で、どうゆうバイパス・トンネルが完成したかなんですが、今日はこんな地図を用意してみました。




 
a0017012_17212176.jpg


 微妙・・・、でしょうか?

 今までは川沿いをグルッと迂回していた道を、山にトンネルを掘り直線で結んだ・・・、ということを表現したかったんですが、センスの無さはいつまでたっても変わらないようで(;´д`)


 また今日は、平成17年3月に合併して能登町となる能都町・内浦町・柳田村の、合併協定調印式が13:30より能都町社会福祉会館 4階大ホールにて行われたそうです。

 私は残念ながら見に行けなかったんですが、詳しくは能都町・柳田村・内浦町合併協議会のページをご覧ください。

 蛇足ですが、Googleで能登町(のとちょう)というキーワードで検索すると、合併協議会よりも上にのとツーリズムが表示されることに気が付きました。【能登町】なんて言葉、ページ内に書いた覚えは無いんですが・・・、謎です。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-20 17:44 | 能登の旬な情報

宇出津港の沿岸で冠水

 台風の接近により19日夕方から20日にかけて風が非常に強くなり、海上では大しけとなるため強風、高波に注意して下さいとの予報ですが、能都町・宇出津港の沿岸では満潮と高波が重なり一部冠水となっています。

a0017012_16132486.jpg


 16:00現在、役場職員や消防署員、地域住民の方々が被害を最小限にとどめようと土嚢を積んで対処しております。
 福井や新潟のように大惨事にならなければよいのですが・・・。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-19 16:12 | 能登の旬な情報