能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

カテゴリ:能登の観光情報(柳田村)( 31 )

 能登空港から珠洲道路を通って珠洲方面へ10分ほど走ると柳田村神和住地区というところを通るんですが、ここに最近真新しい看板が立っているのに気がつきました。

 看板はどうやら、ここに昔あった城跡の案内が書いてある様子。ちょっと寄ってみようかと衝動に駆られたんですが思い出すのは末次城の恐怖!今日もやっぱり革靴です・・・。

 泥だらけになるのは仕方ない、腹をくくって看板を頼りに城跡がある山に登ってみることにしました。
 入り口は真念寺の境内、寺の釣鐘の周りに興味深い狛犬の彫刻が施されていたんですが、今回は無視。そのまま境内を横切り、隣の火之宮神社の敷地に入ります。ちなみに火之宮神社の狛犬もごくありふれた新しいタイプのものだったのでこちらも無視。そのまま神社脇の小径に足を進めます。

 先日の雨のせいか地質のせいか足元はかなりぬかるんでいましたが、もう覚悟は決めちゃったので落ち葉に埋もれた遊歩道(獣道?)をどんどん進んでいきます。そして登ること3分、ひとまず中腹の広場に出ました。
a0017012_11444383.jpg

 地元の方の手製でしょうか、木製のベンチが落ち葉のじゅうたんのなかで木漏れ日を浴びています。コーヒーセットを持ってくれば、とちょっと後悔しつつもそこに立つ看板に目を向けると、この城跡の云われが記してありました。

++++++++++++++++++++++++++++
神和住城跡
神和住城跡は、奥能登の中心に位置する斉和地区に残されている山城跡である。城跡は、集落背後の天高山に残されており、ゴボジ(御坊地)と称する標高181mの丘陵上に中心遺構が認められている。

城跡の範囲は、南北400m、東西250mで、北方の独立丘陵や滝ケ原と称する箇所に砦跡が残されている。

大手となるのは、火宮神社側からで、大きく開いた谷部の小径を辿り、堀切底を利用した坂虎口(大手)を登り場内へと進入する。

城内には集落側に主曲輪を配し、物見の役割を果たしている。主曲輪の先端中腹部分には、連続竪堀(畝状空堀)が築かれており、県下でも数少ない遺構を持つ山城跡である。
主曲輪から西側に進むと土塁に囲まれた一画があり、“屋敷跡”と称している。

また、連続して丘陵頂上部をくり抜いた曲輪遺構が残されている。

情趣についての伝承は伝えられていないが、城跡の規模などから地域の領主の城と想定する。特に柳田地域は名体制が長く続いていたことから、各地に名主を伝える字地が残されている。

斉和地区の名主としては、戦国時代の永禄2年(1559)に、この地の土豪であった山本太郎右衛門が、真念寺を小間生から神和住に呼請し創建したと伝えていることからも、山本氏がこの地の名主であり、この神和住城跡の旗頭であったと推定される。
江戸時代初期には、山本氏が加賀藩の上町野組十村組頭肝煎り(後の十村役)を勤めている。
++++++++++++++++++++++++++++


 主曲輪だとか遺構だとか、あまり聞かない言葉が並んでいますが、さっき真念寺を通ったときにその横手に見えた民家、山本さんの先祖の城かもしれないってことですよね?

 しばらく看板の前で考え込んだあと、その先に続く遊歩道を進んでみることにしました。相変わらず遊歩道(やっぱ獣道かも?)は黄色と赤のじゅうたんで覆われていますが、先ほどのぬかるみはなく、快適にウォーキングを楽しむことができました。

 所々に物見台やら屋敷跡などの小さな看板が立ち、いつしか山道を歩くこと自体が楽しくなってきた私、ここでハッ!と気付きました。もしや城跡かどうかなんてたいした問題じゃなく、こうやって山歩きを楽しんでもらう為にこの地を整備し幹線道路に新しい看板を立てたんじゃないか?と。いや真意はわかりませんが・・・。とりあえず軽装でも楽しめるのは私が実証済みですから、ドライブでここの通る方がふらっと立ち寄り木漏れ日を浴びながら森林浴、ウォーキングを楽しむことができる素敵な場所だと感じました。

 紅葉の季節もあと少し。今週末はドライブのついでに神和住城跡に寄ってみませんか?
a0017012_1222514.jpg

[PR]
by noto-tourism | 2004-11-18 12:08 | 能登の観光情報(柳田村)

柳田村・ござれ祭り

a0017012_20124949.jpg


 柳田村植物公園で開催中のござれ祭りです。とりあえず写真だけ・・・。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-21 20:12 | 能登の観光情報(柳田村)

山の中のコンサート

 立秋が過ぎたのに暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今までにも涼しげな映像を何度かとりあげましたが、今日は山の中でのミニコンサートを紹介します。
 ここは、頑固親父がつくる蕎麦屋で紹介した夢一輪館です。今年で開業10年ということで常連さんや友達を招いての感謝ミニコンサートの風景です。
a0017012_1920871.jpg

この日は、山の中と言うこともあり気温は、なんと18℃。山の中ではやはり秋の気配が漂っていました。旬で素朴な素材を炭火で焼きながらやすらぎの音と空間。ん~~~~なんて贅沢な気分でしょう。
[PR]
by noto-tourism | 2004-08-10 19:51 | 能登の観光情報(柳田村)

夏のスキー場

 梅雨も明けていよいよ夏本番!
 こんな暑い日はどこか涼しい高原にでも・・・、などと考えてしまいますが奥能登は地形上、上高地や乗鞍のような涼しい高原はありえない!

 ということで夏は使われていない奥能登のスキー場黒川温泉スキー場に行ってみました。

a0017012_13344318.jpg


 でもスキー場といえども夏は暑いのには変わりはありませんでした。あたりは雑草に覆われ土砂は流れ出し直射日光は容赦なく頭上から降り注いできます。

 それにしても残念です。白山瀬女高原スキー場では夏はMTBのダウンヒルやサイクリングコースとして開放していますし、新潟県 湯沢町 加山キャプテンコースト・スキー場ではHONDA主催のエンデューロが開催されたりと、この広大な土地を利用して開くことが出来るイベントの可能性は確かにあるはずなのにオフシーズンは遊ばせておくだけなんて・・・。
 一年を通してスキー場を管理するには莫大な費用がかかるのは分かりますが、だからといってオフシーズンの利用価値がないかといえばイコールにはならないはず。

 近くにはフレッシュなブルーベリーの摘み取りが出来るモデル農場や良質な温泉、研修宿泊施設もあることですし、なにか夏のアウトドア系のイベントで人を呼ぶことができないのかと感じます。
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-24 14:05 | 能登の観光情報(柳田村)

上河内のいぼ地蔵

 今日は柳田村上河内地区の一風変わったお地蔵様の紹介。
a0017012_16165147.jpg


- 以下は現地の案内文から抜粋 -

 通称いぼ地蔵の本体は、板石塔婆とも呼ばれる五輪塔陽刻板碑であろう。
 五輪塔は五輪・五解脱輪ともいわれ、密教で説く宇宙の地・水・火・風・空の五大要素を方円・三角・半円・宝珠の形で象徴し、金銅や石で造り、下から塔に積み上げ、各面に五大の仏菩薩を一字で標示した悉曇の梵字を記す純粋な密教の造形で、鎌倉期から室町末期に追善、逆修、供養のために造立された。
 
 上河内の碑は板石で半月彫りに陽刻したものであるため、四角な台形の地輪と半球状の水輪が風触して崩落している。残った火・風・空輪が地蔵菩薩像に見えるものである。

 この前方にあるコゾノモトという河中で発見され、古代修験、、密教の霊峰鉢伏山信仰の貴重な資料である。

 また祠堂の傍ら湧泉は疣(いぼ)の治療に霊妙不思議の効果があり、五輪塔の諸仏菩薩の霊験とする完治経験者の感謝の念をあつめている。
a0017012_16324096.jpg


 云われは専門用語ばかりで説明しているこっちもわけわかんない感じですが、とにかくこの地蔵の傍らに流れている水は疣(いぼ)に効くということらしいです。飲めばいいのか患部に塗ればいいのかは分かりませんでしたが・・・。
 また駐車場やベンチもあり、目の前を小川が流れなんとも涼しげな場所でした。
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-23 16:42 | 能登の観光情報(柳田村)

天狗平の御所桜

 鉢伏山の山懐にある上河内は熊州木地師の活躍した伝承や足跡がある。
 豊かな林材(ブナ、ケヤキ、トチ)などをいかし、天狗椀と呼ばれた古代椀を生産した。木地師には、上方詣りの風習が伝統として強く守られていたといわれている。木地師たちは江州小椋郷に閑居した職組惟高親王(文徳天皇第一皇子)の御所を敬い、奉仕し、通行手形、綸旨などを授けられたという。
 なお、その折御所桜の苗木を持ち帰り当地に植えたものと伝えられている。

 御所桜はエドヒガン(アズマヒガン、ウバヒガン、ウバザクラ)と称され、伊豆、駿河地方に多い暖地性の種族であるが、寒冷な当地に見ることは真に貴重である。天狗椀の歴史を物語るに証しであり、この種の県内第一の巨樹として記録されている。

 また昭和三十七年に柳田村天然記念物に指定された至宝である。
a0017012_1451863.jpg

 
 う~ん、それにしても春にこの巨樹の存在を知っていれば満開の桜を取れたんですがご覧のとおりの葉桜です。
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-22 15:10 | 能登の観光情報(柳田村)

道の駅 桜峠

 能登半島を貫く基幹道路、主要地方道内浦柳田線(珠洲道路)沿いにある能登で唯一海に面していない村『柳田村』の道の駅桜峠の紹介です。
a0017012_135618.jpg

 キリコの看板が目印のこちらの道の駅は能登空港から車で5分ほどの距離にあり、また能登有料道路終点の穴水と能登半島の先端珠洲市のほぼ中間に位置することもあってか、毎日多くの車が訪れています。

■駐車場
30台(大型車3台・普通車29台)

■電話
公衆電話 1台

■お手洗い
男性 5器
女性 3器

■身障者用設備
専用駐車場 1台
専用トイレ 1器
スロープなど

■乳幼児用設備
ベビーベッド

■食事・売店
軽食、辛口カレーライスや挽きたてコーヒーなどがお勧め。
開店時間 朝9時~夕五時
お休みは毎週水曜日

お土産は柳田村特産のものが中心でブルーベリーワインやブルーベリージャム、農業高校生徒手作り無添加みそ、リンゴジャム、手作りパッチワーク、小物、木工品、季節の野菜、果実、ブルーベリー苗木などがある。
また近くには¥1,000-(子供は¥500-)でフレッシュなブルーベリーの摘み取り体験ができる農場もある。
詳しくはセミナーハウスやまびこまで

■公園
道の駅としては珍しい本格的な日本庭園がある。
売店の裏手のほうにあるので一見すると分からないが、案内看板には確かに【→日本庭園こちら】とある。
恐る恐る裏手に回ると池や滝、獅子脅しもある本格的な日本庭園が。

路線名:主要地方道内浦柳田線
所在地:石川県鳳至郡柳田村字当目2-24-24
電話:0768-76-1518
開設時間:8:30~17:00
休館日:水曜
駅長名:松木 俊彦
管理主体:石川県柳田村
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-16 13:57 | 能登の観光情報(柳田村)
 昨日の記事で、各棟には星の名前が付いており、入り口にはその星座のモニュメントが飾ってあるとお伝えしました。今日はそのモニュメントについてです。

 まずはシリウスの棟のモニュメントをご覧ください。

[写真削除]

 星座の形を表したモニュメントに【シリウス】とかいてありますね!これと同じように、各棟にはそれぞれの星座のモニュメントが飾られているのです。

 このモニュメントを見て星座の形が思い浮かばない方はこちらをご覧ください。

 おおいぬ座のシリウスは真冬の南側の空を見あげたとき、どの星よりも明るく輝く、-1.5等と全天でもっとも明るい星。コテージに宿泊される際は、その星座を探しながらギリシャ神話に思いを馳せる、そんな素敵なひと時を過ごすのもいいですね。
[PR]
by noto-tourism | 2004-06-16 17:01 | 能登の観光情報(柳田村)
 夏休みも間近となり、お父さんたちは子供をどこに連れて行こうか頭を悩ませているのではないでしょうか?

 今日ご紹介するのは柳田村植物公園内の天体観測ができるコテージアストロコテージです。

[写真削除]

 この星型屋根のコテージは全部で6棟あるのですが、うち3棟は美しい星空の天体観測が楽しめる望遠鏡付きで、あと3棟はワラ草履や凧作り体験などもできる体験ルーム付きとなっています。天体望遠鏡つきの棟は写真で見るとわかると思うのですが屋根の中央がドーム型となっており、そこから一晩中天体観測が楽しめるようになっています。
 また体験ルーム付きの棟ですが、室内は望遠鏡付きに比べて広くなっており、小型ですが望遠鏡をベランダに持ち出し天体観測を楽しむことができます。

 コテージはそれぞれベガ(こと座)、アルタイル(わし座)、デネブ(白鳥座)、シリウス(大犬座)、ベテルギウス(オリオン座)、プロキオン(子犬座)などの名前が付いており、各棟の入り口にはそれぞれの星座の形をモチーフにしたモニュメントが設置してあります。

 バス・トイレ・冷暖房設備・布団・テレビ・冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・ホットプレート・台所用品・食器などは常設してあるので、着替えと食材を持ってくるだけで、星空の下ロマンティックな一夜を過ごすことができます。プラネタリウムや口径60cmの反射望遠鏡を備えた星の観察館満天星に代表される星空の里柳田村で、夏休みの忘れられない思い出をお子さんと一緒に作ってみませんか?

お問い合わせ、コテージの料金などはこちらまで↓

〒928-03 鳳至郡柳田村字上町口-1-1
      柳田村植物公園
        TEL 0768-76-1442(宿泊予約専用)
[PR]
by noto-tourism | 2004-06-15 17:43 | 能登の観光情報(柳田村)

これってタタミ何枚分?

 広い敷地を表現するのにタタミ何枚分だとか東京ドーム何個分とかで、よく大きさを表現しますよね。
 今日紹介するのは柳田村にある植物公園の広大な芝生広場です。

[写真削除]

 一辺が100メートル強のほぼ正方形の芝生広場、敷地面積は約2万平方メートルにもなるそうです。
 また休日には小さなお子さん連れの親御さんや、グラウンドゴルフを楽しむご老人が多く集まります。なんせこの大きさですから、近くの人に迷惑かけることも少ないですし、皆さんのびのびと楽しんでいらっしゃいます。

 それにしても、とにかく広い!
 だって2万平方メートルですよ? 
 
 ・・・・・・・・・。

 でも2万平方メートルってどれくらいの大きさなんでしょうか?
 そうですね、例に漏れずタタミ○○枚分で換算してみましょうか。



 この広大な芝生広場の敷地面積をタタミ何枚分かであらわすと、その数なんと!










 

 何枚分ですか・・・?タタミ1枚の大きさ調べるの忘れてました(;´д`)


※補足
何と情けない、情報発信者としてはもう少し勉強しなければ・・・
畳で換算すると12,121枚となります。
[PR]
by noto-tourism | 2004-06-11 17:29 | 能登の観光情報(柳田村)