能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

シベリア行き列車!?

 平成13年3月31日、のと鉄道穴水~輪島線はその歴史に幕を下ろしました。国鉄が昭和10年の開設してから実に65年8ヶ月もの間、観光、そして地元の方の足として活躍してきたのです。

 現在レールは全て撤去され、駅舎のほとんどは取り壊されたのですが、輪島線終点、旧輪島駅は平成14年3月20日、道の駅【ふらっと訪夢】として生まれ変わったのです。

a0017012_101131.jpg


 それにしても旧輪島駅のホームがこんな形に生まれ変わるとは・・・。
 二度と列車が訪れることがない終点輪島駅はシベリアへと続いています。銀河鉄道みたいに空を飛ぶことはできませんが、気分は宇宙(そら)へと旅立つ少年!?
 ちなみにこれは記念撮影用の演出なので、道の駅の職員さんにお願いすれば撮影に応じてくれます。観光地の記念撮影の定番、顔のところがくり抜いてあるアレはないですが(^^;

 公益性のある施設や機関が廃止になるのは非常に悔やまれますが、こうゆう形で再利用し観光産業の一つとして役立てていくのは素晴らしいことですよね。
 輪島線に続き穴水~蛸島(珠洲)線も来年の3月には廃止になりますが、何らかの形で有効利用されるのでしょうか?
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-19 10:12 | 能登の観光情報(輪島市)