能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

グリーン・ツーリズムって なに ?

a0017012_184150.jpg
 最近グリーン・ツーリズムという言葉が流行っていますが、皆さんはこの言葉をご存じでしょうか?

 簡単に説明すると、農村、山村、漁村に滞在しながらその土地土地の自然、文化、そして地域の人々との交流を楽しむ旅のことで、従来の観光旅行とは一味違った心身のリフレッシュを伴う旅のことだと言われています。
 こういう旅行形態の先進地は、やはりヨーロッパで中でもドイツがその先端だと思われます。日本には、バカンスという言葉が未だに定着していませんが、1ヶ月位の長期休暇が定着している西洋では、あまりお金をかけず農家小屋にStayし生活を楽しみながら、リフレッシュしているようです。

 今、日本全国でも体験学習と銘を打ってこのグリーン・ツーリズムに取り組んでいる自治体、NPOなどがたくさんあります。もちろん、能都町でも《海のグリーン・ツー》ということで、昨年より《鯨楽旬談》を開催していますし、公社でも独自の企画を実施しています。本当の意味でのグリーン・ツーリズムの体験とは、作られたイベントに参加するのではなく、元来その土地、風土によって保持されている独自のものに触れることだと思われます。
 
 心に感ずるもの、スローリズムを大切にすることによって忘れていた何かを探すこと=それが、グリーン・ツーの原点では・・・・

 夜なで、魚釣り、温泉、みそ汁、昆虫探し、能都町にはたくさんの楽しみ、そして素朴なおいしいものがあります。
 これから、夏休み皆さん是非遊びに来て下さい。
[PR]
by noto-tourism | 2004-07-13 18:43 | 能登の旬な情報