能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

潮の香りと緑のトンネル

 今日は禄剛崎(ろっこうさき)をめぐる道“中部北陸自然歩道”の紹介です。

[写真削除]

 この自然歩道は禄剛崎から木ノ浦までの海岸線を結ぶ約8kmの緑のトンネルが印象的な遊歩道で、木々からのマイナスイオン、海からの心地よいそよ風を浴びながらウォーキングを楽しむことができます。

 このコースは、断崖の上や荒々しい岩礁海岸、あるいは波静かに打ち寄せる穏やかな砂丘海岸などの変化に富んだ地形をめぐることができ、また海岸線にはカシワやヤブツバキなどの自然林が複雑な地形に彩りをそえています。

 道程の途中には二三味コーヒーもありますし、潮の香りと自然林の空気を満喫できる歩道、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?
[PR]
by noto-tourism | 2004-06-09 17:31 | 能登の観光情報(珠洲市)