能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

イルカに乗った少年

5月23日の記事に続きまして、今日も変わったマンホールデザインを紹介します。

[写真削除]

 こちらは能都町の下水管用のマンホール。デザインはイルカに乗った少年になっています。
 このイルカに乗った少年なんですが、実は能都町ならではのキャラクターで『加夢加夢くん』といいます。
 加夢加夢くんに関しての詳しい説明はこちら

 珠洲市と能都町のマンホールデザインを見ていて気付いたんですが、どちらも下水(汚水)用の配管にあるマンホール。
 あれ?なんで下水管?って思ったんですが、よく考えたら上下水道は市町村の管轄ですよね。だからこそ、その町独自のデザインのマンホールができたんだなと納得しました。
 電気関係や通信関係のマンホールはシンプルなデザインでしたよね?

 さてさて皆さんも、道を歩く際は足元のマンホールのデザインに注目してみてはいかがでしょうか?もしかしたら、その町独自の面白いデザインかもしれませんよ(・ε・)
[PR]
by noto-tourism | 2004-05-26 17:06 | マンホール