能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

古代米の田植えに挑戦!

今日は朝の8時半から子供たちによる古代米の田植えが真脇遺跡体験村で行なわれています。

[写真削除]

子供たちは初めての田植え体験で多少戸惑いもあったようですが、「足がぬけないよ~」「学校よりこっちのほうが楽しい!」と、普段では体験できない田植えを楽しんでいるようでした。
苗を3本程度に小分けにしてグチョグチョの田んぼに丁寧に植えていくのですが、なにせ思うように足が動かない!足がぬけない!
子供たちの最高の笑顔が印象的でした。最近では自然と触れ合う体験ってなかなかないですもんね。


さて【古代米】っていったいなんなんでしょうか?
古代米とは稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米(稲)のことなのだそうですが、他にも次のような特徴があるようです。
☆玄米の色が赤や黒や緑なとど有色米が多い。
☆稲穂の一粒一粒に針のように亡(のぎ)を持つものが多い。
☆生命カが極めて強く、荒れ地で無肥料・無農薬でも丈夫に育ち、干ばつ・冷水などにも強い。
☆背丈が1.5メートル以上にもなるため、倒伏しやすい。
☆実りのころ、籾がひとりでにこぽれ落ちるものが多い。
☆品種改良された現代の米に比べて収穫量は半分以下と少ない。

今回は古代米の中でも【赤米】と呼ばれる品種だそうです。
赤米は玄米の状態では赤茶色をしているのですが、糠を全て取り除くと白米に近くなるそうで、たんぱく質や各種のビタミン・ミネラルが多く含まれていて、なおかつ赤飯の起源とも言われているんです。

真脇遺跡体験村では古代米を栽培し、収穫した古代米も体験学習に活用するそうで栽培過程の各作業ももちろん体験できます。
他にも縄文土器作りやアクセサリー作り、石のレリーフ、コマ、竹とんぼを作ったり、餅つき、かき餅、おはぎ、干し柿作り、セミ取り、魚釣り、タコ作り、草実鉄砲作りなど数え切れないくらいの多種多様な体験学習が、無料、もしくは100円程度の料金で楽しめます。

子供たちも自然に親しむこのような体験を通して、学校では学べない貴重な思い出ができることでしょう。あっ、もちろん大人も参加OKですよ!


詳しくは真脇遺跡体験村まで
電話 (0768)62-4800
[PR]
by noto-tourism | 2004-05-08 12:35 | 能登の旬な情報