能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

常椿寺の藤で縁結び

a0017012_1628297.jpg


県指定天然記念物 昭和36年9月29日指定
常椿寺の藤

能登町宇出津港の高台に、全国ランク1位の巨樹“常椿寺の藤”があるということは、観光ガイドなどにも紹介され、意外と有名だったりするのですが、今日ご紹介するのは全国ランクとは別のお話。

まずは基本情報から。
“常椿寺の藤”は大小2本の藤からなり、樹齢約500年。
昭和34年に町の文化財、昭和36年9月29日には県指定天然記念物指定に指定されました。
種類はフジ(ノダフジ・ムラサキフジ)。幹周囲は3.5m、根元周囲6.2mあり、地上12mのところで数本の枝に分かれ、一の枝は西方に35m、南方45m伸び、南側崖際のタブノキ・エノキにまとわりついたものは、高さ24mの梢まで昇っています。
推定樹齢約500年。開花は5月上~中旬です。

またこの一帯は昔から藤の名所でもあり、“藤波”や“藤之瀬”など地名にもその一字が使われてきました。

その他、一説によれば藤には酒が肥料となるといわれており、これにより神木としても崇められるようになったとも言われています。

昭和57年、石川林業試験場発行の「石川県の巨樹」では、藤として全国1位にランクされる巨樹。


とまぁ、これだけでも結構凄い木だってことが分かるんですが、これに付随して縁結び効果もあるとのこと。

[ 続きを読む ]



Posted by moto
[PR]
by noto-tourism | 2005-05-20 16:29 | 能登の観光情報(能都町)