能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

能登花の寺“十三仏とあじさい寺”/平等寺

a0017012_17223069.jpg
旧柳田村地区 和住山“平等寺”は、10世紀の中頃に荘園の宮寺として開設され、以後1000年余りに渡り近郷の信仰を集めてきた高野山真言宗のお寺です。

武士の台頭による荘園の衰退とともに“平等寺”は和住の本郷(現在の能登町上町地区)を追われ、天正11年(1582)には応清法印が現在の地に再興されました。
豊臣秀吉が検地を行った頃、和住に勢力をもつ“本郷五郎左ェ門正信”が、寺領を一方的に制限したという古文書(1587)が今でも平等寺には残っています。

そしてこの“平等寺”、歴史の古さの他にも最近では“十三仏とあじさい寺”として有名です。
十三仏とは、この世(干支の守り本尊)と、あの世(ご先祖の追善供養のご本尊)の仏様たちのことで、私たちを一生守っているとのことです。

“あじさい”に関しても実に130種類、4000株以上の紫陽花が植栽されており、6月10日~6月20日頃の見ごろの時季になると全国からたくさんの人がこの寺に訪れます。

そして“コウヤマキ”
これは和歌山県高野山から移植された巨木で、石川県一(全国でもこの種では11番目)の大きさを誇っています。

また紫陽花以外にも“能登花の寺”として多くの花が植えられており、年間を通して美しい花々を楽しむことができます。

以下は代表的な花の開花時期

紅梅・白梅 → 3月中旬~4月中旬
サンショウユ → 3月下旬~4月下旬
桜 → 4月中旬
桃 → 4月下旬
ツバキ → 3月上旬~4月中旬
リュウキンバイ → 3月下旬~4月中旬
シャクナゲ → 4月下旬~5月上旬
朝鮮レンギョ → 4月上旬~4月下旬
ハナミズキ → 4月下旬~5月上旬
ヤマボウシ → 5月下旬~6月中旬
ナツツバキ → 6月上旬~6月下旬
ヤマアジサイ → 6月上旬~6月下旬
西洋アジサイ → 6月中旬~7月中旬
サルスベリ → 8月上旬~8月下旬


以下は平等寺で行われる年中行事

1月元旦 初詣り(修正会)
2月3日 大般若会 豆まき
3月彼岸中日 春の彼岸会
5月8日 降誕会 花祭り
6月第2日曜日 祠堂法要(万華会) あじさい祭り
8月1日 魂迎詣り
8月15日 盂蘭盆会(万灯会) ろうそく祭り(夜7時より)
9月彼岸中日 秋の彼岸会
12月第3日曜日 弘法大師納めお講



平等寺の住職である上野弘道さんはこの辺りの歴史や観光についても大変博識な方ですので、花をご覧になるついでにでもお話を伺ってみてください。観光ガイドには載っていない面白いお話を聞かせていただけるかも??


お問い合わせはこちらまで

〒928-0322 石川県鳳珠郡能登町字寺分2-116
高野山真言宗 和住山 平等寺
tel : 0768-76-1311
[PR]
by noto-tourism | 2005-03-29 17:57 | 能登の観光情報(柳田村)