能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

星の観察会いってきました

先ほど満天星より戻りました。

一言で言うと感動!星なんていつも空にあって慣れてしまってて、今さら見てもそんなには感動しないかも・・・、なんて思ってましたが大間違いでした。

ちなみに今日は写真はありません。
あまりの感動と興奮でそんな余裕なかったです。


18:45
満天星に到着
空はまだうっすらと明るく、星はあまり見えない。
満天星の職員さんに挨拶を済ませ、外の小さな望遠鏡で“水星”や“富山の夜景”などを見る。

18:55
館内に入り受付を済ませる。大人二人で600円也。

19:00
大望遠鏡の部屋に案内される。
空はいつの間にか真っ暗で真上には明るく輝くお月様。

19:05
名前は忘れたけど、土星や月を見る前に他の色々な星を見せてもらう。
大望遠鏡から見る星たちは肉眼で見るそれとはまったく違って、目が痛くなるほどに明るい。

19:20
土星が見えた。まるでレンズの向こうに写真があるかのような鮮明さ。
巨大な望遠鏡がクリックひとつで動き出すギミックに感動。
土星のわっかに黒いラインが入っているのが見えてなぜか感動。
子供が空を指差して「でんき!」と言うのにも感動。

19:30
次は月。ただでさえ月は明るいのに、望遠鏡はとてつもない集光力があるので、覗いた瞬間ビックリしてしまった。
月のクレーターがクッキリ見えて、『写真で見たことあるから』と思ってたけど、生のクレーターには感動。

19:40
外へ出て、職員さんから星座のお話を聞きながらお勉強タイム。
オリオン座とか北斗七星は普通に知っていたけど、職員さんの巧みで楽しい話術に感動。

19:50
観察会終了。
館内に戻り、でっかいオルゴールを聴いたりしながらマッタリ。
20:00からの部のお客さんがボチボチと入ってくる。

20:00
職員さんに挨拶を済ませ、帰宅。



能登に住んでいると星空の美しさが日常的になってしまって、空を見上げても感動なんて全然しないんですが、こうやって観察会に参加し、日常では見ることができない星たちの姿や、日常では知ることのできない星のお話が聞けて、本当に心から感動してしまいました。

“星”で感動したのはUターンで能登に帰ってきた夜、あの日以来です。




この“満天星”ですが、格安のコテージが併設されています。
このコテージの各棟にも望遠鏡が備えられており、観察会での感動そのままに一晩中星を眺めていることも可能となっています。

あなたも大事な方とご一緒に感動とロマンの夜を過ごしてみませんか?
[PR]
by noto-tourism | 2005-03-19 21:06 | 能登のプチ情報