能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

雪国の南国

奥能登は相変わらずパッとしない天気で、今日もチョット晴れ間が見えたかと思ったら狂ったような吹雪、そろそろ落ち着いたかなぁなんて安心してたら痛いくらいに冷たい雨、春が待ち遠しいですねぇ・・・。

でもだからといって冬の能登はダメダメかというと、冬にしか見ることができない“波の花”などの風物詩や旬の魚介類を楽しめたりで、いいことももちろんあるわけです。

でも、やっぱりこの冬の日本海側特有の薄暗い灰色の空は住んでる私たちにとっては、どうも気分も晴れ晴れとしないし憂鬱になっちゃうんですよね。

そこで見つけたのが雪国・能登半島で南国を楽しむウラ技!!   ウラ技・・・?


a0017012_1711884.jpg

綺麗な蜜柑の花ですよねぇ。
蜜柑の花なんて一般人はなかなか見る機会なんかありませんし、蜜柑といえば“愛媛のいよかんいい予感♪”じゃないですが、暖かい地方の果物なんじゃないの?ってイメージですが、冬の奥能登でもこうやって楽しむことができるんです。

もうお分かりですね?
ここは冬でも温かい温室の中なんです。ご覧の蜜柑の花のほかにもなんだか南国に旅行に来たかのように錯覚してしまうほどの色鮮やかな花々であふれています。

ここは柳田村植物公園。一年を通して色々な植物が楽しめる施設です。

詳しい情報は柳田村公式ページからどうぞ。
[PR]
by noto-tourism | 2005-02-25 17:21 | 能登の旬な情報