能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

初詣は日本海側の守護神に

初詣の予定はもう立てましたか?
たいていは有名な神社でお参りする方、近所の静かな神社に詣でる方の二通りに分かれると思うのですが、私は込み合うのを我慢してでも有名な神社に詣でる派です。

人込みは嫌いなんですが、なんか正月だなぁってのを実感できますもんね。
今日紹介するのは珠洲の須須神社、羽咋の気多大社と並ぶ能登の人気大社です。
とはいっても金沢からのアクセスもよく若い女性へのアピールが盛んな気多大社とは違い、大社の割りには比較的落ち着いた静かな初詣ができる穴場スポットとなっています。


a0017012_13162146.jpg

第10代崇神天皇の時代に創建された由緒ある須須神社は日本海側一帯の守護神とされ、県内屈指の古文書や源義経が奉納したと伝えられる“蝉折の笛”(義経が海難を救われた際に奉納)や“木造男神像”などが宝物館に保管(見学には予約が必要)されています。

上の写真は境内の“村上元三句碑”
時代小説家である村上元三(1910~)が詠んだ『義経は 雪に消えたり 須々の笛』という句が刻まれた句碑です。
a0017012_13261487.jpg

また社叢は国の天然記念物に指定されています。
a0017012_13294378.jpg

社殿は今年の夏に新築されました。真新しい木の香りが辺りに拡がっています。


ちなみに私は毎年決まった神社に詣でるということはなく、いろんな神社に行くことにしてるんですが、今年はどうしようかなぁ。
曽々木の岩倉寺もイイ感じなんですよねぇ。


■須須神社
石川県珠洲市三崎町寺家
Tel (0768)88-2772
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-16 13:57 | 能登の観光情報(珠洲市)