能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

ナマコやアサリも採れるんです

のとツーリズムが企画する冬のグリーンツーリズムでは、自分で能登の旬の食材を集め、自分で食器などを作り、囲炉裏で舌鼓を打っていただくというのが主旨になってくるんですが、昨日のサザエのようにこの豊かな能登の海にはたくさんの旬のご馳走があります。

昼休みにちょっと近所の海岸へ散歩に行っただけで2つの収穫がありました。

1つはナマコ。 コリコリした弾力のある食感がクセになるナマコは冬が旬!
水温が下がると盛んに活動するため肉が締まって美味しくなるということで、酢の物はもちろん佃煮なんかにしてもウマイです。
a0017012_13204020.jpg


もう1つはアサリ。こちらは春が旬なんでしょうが今の季節でも不味いということはありません。ただアサリにとっても寒いのか波が強いせいか、砂地の中の小さな岩の淵あたりに隠れるようにして潜っていました。こちらも味噌汁なんかにするとウマイですよねぇ。
a0017012_1327739.jpg


あとはカジメなどの海藻もボチボチ生えてたりと、ほんの30分ほどの散歩でしたが多くの収穫がありました。これも海が豊かなおかげ、大自然に感謝感謝です。

そうそう“カジメ”なんですが、話によると地方によってはお風呂に入れて入浴剤のようにして使うそうです。なんでも海藻のヨード分が体を滑らかにしたり、余分な脂肪分を分解して痩身の効果があると言われているんだとか。

カジメを入れたお風呂は琥珀色の海の香の漂う神秘的なお風呂に変わるということでちょっと興味ありますね。冬のグリーンツーリズムでお土産に持って帰った方は、自宅のお風呂で試してみては?
[PR]
by noto-tourism | 2004-12-04 13:41 | 能登の旬な情報