能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

真脇遺跡公園のお話/土器ドキ

縄文といえば土器ですが、真脇遺跡からは、その4000年に及ぶ存続期間が示すように莫大な量の土器が発掘されました。しかも時代に応じて変化していく形式の全てが出土したのです。

土器の発明は、縄文人たちの生活において画期的な出来事でした。それは煮炊きができるようになったということで、そのことによって縄文人の生存力は大幅にアップしたのです。

たとえばトチノミなどのアクの強いものは煮炊きをすることによってアクを抜くことが可能になり、美味しい食料資源に転化されたりしました。

またスープ状などに調理することで消化をよくしたり殺菌効果を生んだことも見逃せません。
[PR]
by noto-tourism | 2004-11-26 13:55 | 能登の観光情報(能都町)