能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

知ってますか?あなたの街の電子基準点

 新潟県中越地震で奥能登も体感できるほどの地震に何度も見舞われましたが、国土地理院ではその時の地殻変動の様子を電子基準点によるGPSデータとして観測していたそうです。

 電子基準点、なんじゃそりゃ?って思いますよね。
 電子基準点というのは、国土地理院が地震・火山等の調査研究のための地殻変動監視や各種測量の基準点として利用するために設置したもので、高さ5mのステンレス製のタワーにGPS衛星からの電波を受信するアンテナと受信機が内蔵された構造になっています。得られたGPS観測データは、リアルタイムでつくばの国土地理院に集められ、解析処理を行い電子基準点の位置の変動を監視し、解析結果は、ホームページに現在の地殻変動情報として公開しています。

a0017012_14195444.jpg

 また電子基準点は、全国に1224本も立っています。

 もちろんあなたの街にも立っているはずです。

 見たことありませんか?←こうゆうやつ





 ちなみに能都町の電子基準点はひとつしかありません。能都中学校横の武道館脇に立つ↑上の写真がそれです。
 また電子基準点のほかにも地図の作成や測量のための三角点や多角点、水準点なども数多く設置されています。みなさんも自分の街の基準点を探してみてはいかがですか?

 なんせ自分の今立っている地面が何日で何cm、どっちの方向に動いたかも分かりますから、地震の前兆をもしかしたらあなたはリアルタイムで垣間見ることができるかもしれません。


a0017012_14353117.jpg
 国土地理院のページを一通り眺めて、もし地理や地図に興味が湧いてきたら、ぜひ自分の街の2万5千分の1地図購入してみてください。あなたの街の電子基準点も←こんな記号で必ず表記されているはずです。

 ちなみに私、奥能登ほぼ全域の2万5千分の一地形図(全部で30枚ほど)を持ってたりするんですが、別に独り部屋に篭って地図を見ながらニヤニヤしてるようなヲタクじゃないですよ。地図を見れば最近私がハマッてる狛犬(神社)の場所もわかりますし、ちょっと山へ出かけるときも林道を調べることができたり、観光地の場所を把握したりでかなり助かってます。1枚数百円と手ごろな価格になってますから、皆さんも手始めに自分の家の周りの地図でも購入されてはいかがでしょう?
 今まで知らなかった大発見があるかもしれませんよ(σ´∀`)σゲッツ!!
[PR]
by noto-tourism | 2004-10-29 14:53 | 能登のプチ情報