能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

第2回 のとしおさいグラウンドゴルフ大会

 9月26日(日) 藤波台運動公園にて、第2回 のとしおさいグラウンドゴルフ大会が開催されます。
 石川県内から64チーム、320人(男198人、女122人)が集まり、団体戦、個人戦で競い合います。

■大会スケジュール
08:30 受付開始
09:00 開会式
09:40 競技開始
11:30 昼食
12:20 競技再開
15:00 閉会式
16:30 解散

a0017012_13233949.gif

 残念ながら飛び入り参加はできないのですが、これからグラウンドゴルフを始めようという方、観戦してみたいという方のために簡単にルールの説明と観戦の楽しみ方を紹介しておきます。

 まずルールですが、 専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を競います。
 場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、どこでも、だれでも手軽に楽しむことができます。又、ホールインワンもあり、その場合、自分の各ホールの合計打数から3打をマイナスするという特典が設けられており、競技者の励みと意欲を高める工夫がなされています。

また特徴として
■どこでもできる
 規格化されたコースを必要としません。プレーヤーの目的、環境、技能、などに応じて、運動場、河川敷、公園、庭などどこでも、自由にコースを設定することができます。

■準備は簡単
 ゴルフのように穴を掘る必要がなく、ホールポストを立てるだけで準備は完了です。

■ルールは簡単
 他のスポーツに比べて、ルールがきわめて簡単で、一度プレーすれば覚えられます。

■時間の制限がない
 ゲームの時間が決まっていないので、時間に制約されることがなく、技能や仲間の数、あるいはコースの特性に応じて、プレーを楽しむことができます。

■プレーヤーの数に制限がない
 グラウンド・ゴルフは1人でも、あるいは場所さえあれば一度に何百人もの人がプレーを楽しめます。
 ボールが空中を飛ぶことはないので、ホールポストの置き場所を工夫すれば、すべてのホールポストから同時にスタートしても、安全にプレーすることができます。

■審判はあなた自身
 ゲーム中の審判はプレーヤー自身が行います。判定が困難な場合には、同伴プレーヤーに同意を求めます。

■高度な技術がなくてもできる
 グラウンド・ゴルフの技術は他の競技スポーツを同じように、トレーニングによって向上し、競技性も高くなります。しかし、ゲームを楽しむためには必ずしも高度な技術を必要としません。子供から高齢者まですべての人が、楽しくプレーすることができます。したがって、グラウンド・ゴルフはファミリースポーツとして楽しむ条件を全て備えたスポーツです。


 スコアに差が開いていてもホールインワンで大逆転もありうるグラウンドゴルフは見ても充分楽しめるスポーツですが、やはり実際にプレーするのが一番のようですね。
 興味のある方はぜひ今大会でグラウンドゴルフがどうゆうものか体感してみてください。きっと次の日にはスポーツ用品店で用具を揃えるあなたの姿があることでしょう。

 参加される皆さんも奥能登の澄んだ空気、海の香りのなかで気持ち良く、楽しくプレーしていってください。

■お問い合わせ■
藤波台運動公園 緑地管理センター
TEL (0768)62-3884
[PR]
by noto-tourism | 2004-09-22 13:46 | 能登の旬な情報