能登の旬な情報をお届けします。


by noto-tourism

ダートスプリントin門前

 来週末の2004年9月19日(日)に門前町モータースポーツ公園にてJAF公認国内競技である2004全日本ダートトライアル選手権第7戦 ダートスプリントin門前が開催されます。

a0017012_1412013.jpg


 当日はバケットシートやタイヤ、ホイール、ノベルティグッズ、カー用品などの豪華景品が抽選で当たるお楽しみ抽選会があったり、間近でレース車両やコースを見れるようにパドックとコースを開放したり、門前町の名物である蕎麦と七面鳥の衝撃的なコラボレーション 七面鳥うどんや七面鳥そば、他にもカレーや焼きそば、たこ焼き、おにぎり、焼き鳥、各種ドリンクを販売するお祭り市場の開催、メーカーやショップの販売ブースなど車に興味がある人はもちろん、今までそんな競技が能登で行われていたなんて知らなかった方も、おもいっきり楽しめるようになっているようです。

 とまぁ偉そうなことを言っておきながら、実は私もダートトライアルというものは見たことがありません。バイクのトライアルなら大好きなんですけどね・・・。
 そこで今日はダートトライアルって何ぞや?という方(と私)のために、簡単に説明しておきたいと思います。

a0017012_14162421.jpg


 JAFの公式ページによると、ダートトライアルとは、まるでラリーのスペシャルステージを見るような醍醐味あるモータースポーツだそうです。
 そういえばついこの間日本でもWRCが初めて開催され話題になりましたね。
ダートトライアル競技は、未舗装の路面に設定されたコースを走り、そのタイムを競い合う競技で、全国各地で開催されていて昔は採石場などを利用したコースが多かったそうですが、人気が高まり、競技人口、観客ともに増えたために、最近は専用のダートトライアルコースが全国で誕生しているということです。
基本的な競技内容は、ジムカーナと同様、特定のコースを1台ずつ走行して、そのタイムを競い、通常は1周約2分弱のコースを2回走行し、速い方のタイムで順位を競うそうです。
滑りやすいダート(未舗装)路面でのタイムアタックはレースや他の舗装路面で行われる競技とは、テクニックや見た目の迫力がまったく異なり、ダート路面をスライドさせながらコーナーをクリアしていくその様は迫力満点!その意味では観客受けのする競技と言えます。特に改造車クラスの車両の走行はかつてのWRC(世界ラリー選手権)で一世を風靡したグループB時代のラリーマシンを彷彿させる迫力があるそうです。

 ・・・ということはですよ、 北海道まではるばる歴史的な世界規模のイベントを見に行けなかった残念な方も、能登半島のこの奥能登で同じような雰囲気を味わうことができるということじゃ~ありませんか!

 前売り券は¥1,500-で北陸地区のサークルKやサンクスで発売中、中学生以下は無料ということなので、子供を連れてたまにはモータースポーツ観戦なんていかがですか、お父さん?

 あっ、そうそう、埃と汗でベタベタになった体は、門前町公営浴場じんのびの湯または能都町縄文真脇温泉で洗い流しましょう!
[PR]
by noto-tourism | 2004-09-11 14:38 | 能登の旬な情報